変身

走れる人になりたい

 

ある状態から、別の状態に変わる、ということ。
これを「変身」といいます。

今はまだ楽しく走れずにキツさが強いけど、いずれ実のある走りで、人生を楽しみたい。
ピアノがひけるようになりたい。
お花が、すてきに活けられるようになりたい。
微分積分の問題が、とけるようになりたい。
明日はヒノキになりたい。

みな、変身です。
「A」という状態から「B」という状態に変わってゆくということです。
変身は、仮面ライダーやカフカの専売特許ではありません。

それでは、どうしたら、変身してゆけるでしょうか。
変身の道すじとして、4つのをめぐって目的地に向かう、という方法を紹介させていただきます。わたしの愛用する地図です。

名付けて「島めぐりの地図」。そのマンマの命名。 

走りへの変身を主題にしていますので、走りを例にとって、出発してみます。

50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_m

これが「走り版」島めぐりの地図

 

意識の島(第1の島)

走るとき、カラダはどのように動いているでしょうか。
足は、オシリは、手は、重心は。

ひとつひとつに意識を向けるところから、島めぐりはスタートします。

意識をむけられるように、人にはアタマがついています。
カラダだけじゃなく、アタマも使おう。


くりかえしの島(第2の島)

意識しながら、くりかえす

ああ、そういうことか。
あれ、こうなっているのか。
カラダは、こんなふうに動くのか、動きたがるのか。

くりかえすことで、仕組みがわかってきます。
くりかえすことで、ギコチなさが、スムースさに変わってゆきます。

無意識の島(第3の島)

くりかえしていると、意識がむいていなくても、同じ行為ができていることに気がついてゆきます。
いつの間にか、意識をむける必要がなくなっている。

これを、無意識といいます。

いつのまにか、意識していたことが、無意識の行為になっていた。

ふりかえりの島(第4の島)

無意識にカラダがうごき始めると、カラダの動きは、以前とは別の次元に入っています。

スムースさ。自然さ。

ところが、カラダは永遠のものではありません。変化し続けています。
その場でも、その日でも、長い年月の中でも変わってゆく。
つまり、つねに変わり続けている。川の流れのようです。

この変化に合わせられるように、また振り出しの意識に戻ってゆく。

cb1f5940f85a1c9923a28a3b61527521_m

4つの島めぐりで着く先は


4つの島
をめぐっていると、いつのまにか変身しています。


たとえば、車を運転したことがないけれど、運転できるように「変身」したい、というときはどのような行程をたどりましたか。

最初は、動作のひとつひとつに意識をむけます

運転席にすわる→シートベルトをしまる→ブレーキをふむ→エンジンをかける→ギアを入れる→ブレーキをはなす、以下略。

最初は、「ええとまず座席をあわせて」「そうしたらシートベルトだったかな」とひとつひとつの行為を意識し、くりかえしてゆきます。
やがて特別な意識がなくても、運転行為が身についてくる。


変身しました。
でも、時々は「初心」にかえり、注意を思いだす。

ed85a44ee1ac26c1ababcb84c96afa85_m

そうだ、ケイコさん

 

4つの島めぐりは、血と汗と涙でおこなってゆくものではありません。
知的な遊び感覚があります。

ですので、わたし個人の感想ですが、これを「クンレン」といいたくはありません。
イメージがちがいすぎます。
ココはしっかり区別しておきたい、という思いがあります。

では、どのような表現が似合うでしょうか。
わたしは「ケイコ」。
漢字でかくと「稽古」というコトバがピッタリのように感じます。


圭子の夢は夜ひらく」と歌ったのは、宇多田ママでした。

稽古の夢は、意識からはじまる」です。そして、
稽古の夢は、無意識下でひらく」につづきます。
(うーん、わたしは作詞家にはなれませんね)。

結果、新しい自分がそこにいる。
変身

すてきじゃありませんか。
ああ、稽古って楽しい。

意識さえもつことができれば、人は変身の第1歩を踏みだせるのです。
あとは、くりかえすだけ。

稽古のキモは、「意識化」→「無意識化」です。

そこに歳や状況は関係ありません。
すてきな地図だとは思いませんか? 


さあ、どこに意識もってゆけますか? 

b54bbed321be0a5d155d855d69e9308d_m

 

↓ よろしければ、清き1票をお願いします(1日ワンクリック有効)
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です