地球の危機に

地球がアブナイ

地球にキキが切迫中。
こういう事態になったとしたら、どうしますか?

今や、地球規模の情報化社会。SNSも花盛りです。
いろんな声が、飛びかうでしょう。
パニックが発生してしまうかも。

アインシュタインだったら、こういう事態に、どういった行動をとるでしょうか。
こう答えたそうです。
私は、地球を救うために1時間の時間を与えられたら、59分を問題の定義に使うだろう。そして1分を解決策のために使う」。

アーしよう、コーしよう、というノウハウは最後の最後。
その前に、「キキとはどういうことか?」の理解や解明に与えられた時間を最大限に利用する。
そこに切りこまずして、真の「どうしたらいいか」はだせないだろう。
そこがわかれば、本質的な「どうしたらいいか」への方向性はだせるだろう。

より本質に目をむける姿勢。
やっぱ、発想法がちがいます。

73b7d6d64ddf023f49bae19b3bc8b8a9_m

モノゴトの外面と内面

 

地球の危機からの脱出法、だけではなく、わたしたちは多くの場合、問題に直面した場合、目の前の課題に目がいってしまいます。
目の前の事態の解決に、つくそうとします。
だって、目の前に見えているわけですから。
見えてるものに立ち向かうのは、自然な対応です。

とってもスナオで良い子の行動ですが、現実的には、しばしば良い解決法にむすびつかないこともあります。

なぜなんでしょうか。

そこで、アインシュタインの発想法がピンときたのでした。
より、本質的なところへ、目をむけてみよう。
 
目の前の問題は、いうなれば、問題の見てくれ、外面です。
もっと、根っ子の本質は何か?
本質に触れずして、上っ面だけでは、十分な思考もままならない。
本質は、もっと内面に潜んでいるかもしれない。

30e55c6d6420e0ef182f3638cccf76fd_m

走りの外面


走りの外面、とはなんでしょうか。


走り方です。ノウハウ。
月に何キロ走ったかです。結果。
キロ何分で走れるかです。記録。

指導される部分です。指導しやすい。
業績として、数値として、示しやすい部分です。

とっつきやすい。
目にしやすい。
比較しやすい。

アインシュタインは、走っていたでしょうか。
多分、走る人ではありません。
でも、走っていたら、どんなことを考えながら走ったでしょうか。
地球の危機問題と同じようなコトを考えたでしょうか。

bdec3d51d60aca38fbc9402886a08bfe_m

走りの内面

 

走りの、内面とは何でしょうか。
文字通り、外からは直接はうかがいがたい、世界。

たとえば、例をあげます。
カラダは、どういうように動くと、走りになってゆくのか?
走るカラダは、どんな連携で結ばれてゆくのか?
走ったときの感覚は、どうなっているのか?

うーん、どうしても抽象的に傾いてしまいます。
コトバでの表現が、むつかしい世界です。
なにより、自分で走って、自分で感じてみないと、はじまらなそうです。
そして何より「意識を向けてみないかぎり、わからない世界」だということです。

でました、「意識」です。
自分を変えてゆく第一歩が「意識」でした。
意識」は、内面に向かうことで、生じてくるものなんですね。
はい、「意識」は、内に宿るのです。

b24c64a75687e5bf9308f1f6ee957ddb_m

アッカンベー

アインシュタインの肖像というと、アッカンベーしたポーズが有名です。
いえ、アッカンベーというより、ミルキーのペコちゃんポーズというべきでしょうか。
テヘッという表情です。

76441409_480x594

ペコちゃん風に、テヘッとベロを出したことはありますか?
してみませんか。
ただし、アイドルがやるとカワイイけれど、わたしのような中高年には注意が必要です。イテテてて、とベロをかんでしまいかねません。注意してください。
テヘッ。

肩の力が、すっと抜けませんか?
そう、リラックス。
意識は、リラックスしたときに、生まれやすい。
走っているとき、リラックスしてますか。


 

↓ よろしければ、清き1票をお願いします(1日ワンクリック有効)
  

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です