大ですか、小ですか

大きいことはイイことだ

 

昭和39年、東京オリンピック開催。
日本中が活気にあふれ、みんながモリモリ生きていた時代。
チョコレート界では、森永がビッグな50円「エールチョコレート」を世に出します。昭和42年です。
テレビには元気指揮者、山本直純さんを登用し「大きいことはイイことだ」の大合唱CMをくり返し流します。

大きいことはイイことだ。

なんだか、なつかしいです。
今では、景気も元気も下降気味。
ああ、そんな時代もあったんだね。

add2855b047fc812721d8bda9c3b4d20_m

ところが、です。
今も「大きいことはイイことだ」の世界がありました。
どんなに世の中が小ぢんまりとしてきたって、ココだけは別の熱気であふれています。
ウォーキングランニングの世界です。

大きいことはイイことだ。
力強さはイイことだ。
大マタ進行イイことだ。
新記録とはイイことだ。 

 

大ですか、小ですか

トイレの話ではありません。
居酒屋でのビールの注文でもありません。

歩幅」です。

大マタですか、小マタですか。
歩幅といえば、今は機器の進歩のおかげで、腕時計やスマホを携帯するだけで、自分の歩幅が簡単に計測できるようになりました。
でも、そんな正確さは、いりません。
感覚でけっこうです。

大マタかな、それとも小マタかな、その中間かな。
そんな大雑把な感じでけっこうです。
ともあれ、自分の歩幅意識をむけていただきたい、と思います。

8fa61315332c628c0d6fb141a0899f0f_m

 

時代の流れは、大マタ

 

歩幅にも、流行があるようです。
現代の流れは、圧倒的に「大マタ」推しです。

歩きでも、走りでも、しばしばこんなアドバイスに出会います。

姿勢はまっすぐ、しっかり伸ばす。
大きな歩幅で、力強く。
確実なカカト着地。
ウデの振りもわすれずに。
力強さが大事。


a3a4162dbad3cb77dc77e5253f44a89c_m

 

野生の王国では

 

人間以外の、野生動物歩幅に着目してみましょう。
今はインターネット環境のおかげで、さまざまな動物たちの歩行や走りを動画でみることができます。
近所の、犬や猫の観察でもけっこうです。

4本足が人間とはちがいますが、おもしろい発見ができます。

まず最初に気づくのは、歩幅の短さです。
小マタ歩きだということです。
足長のキリン。
スピードランナーのチータ。
隣んちの、犬。
足の長さは、単純に人間と比較はできませんが、そこを差し引いても、みなチョコマカ歩きです。小マタ

おどろくのは、走るときです。
走るときは、さすがに歩幅は広がるだろう。

いえいえ、逆でした。
歩くときより、歩幅がちぢまっていました。
というより、ほとんど同時に動いています。
歩幅がなくなってゆく。
え?
では、どのようにして走りになっているの?

胴体の伸び縮みでした。
あやや、尺取り虫走法。またの名を体幹走法。

歩幅は、広げない。
スピードが増すにつれて、歩幅がなくなってゆく。
ほとんど同時に地面から離れて、同時に着く。
走りは、胴体がおこなってゆく。
足は、胴体の動きを支えるだけになってゆく。
だんだん、足付きの尺取り虫に見えてきませんか。

そうか、だから棒みたいな足で走れるんだ。
蹴らない。
支えるだけ。

0e55b8070dcdc26705cfeba052519603_m

あらためまして、大きいことはイイですか

 

大マタ歩きは、どうですか?
大マタ走りは、どうですか?

答えは、ここでは示せません。

自分の中で感じることですから。
自分に問いかけてみなくては、わかりません。
自分でだすしかありません。

大マタで、そして、小マタで歩いてみる、走ってみる。
意識してみる。

違いを感じることができるでしょうか。
何か、感じるものがあるでしょうか。

新しい感覚は、新しい道を開拓してくれるかもしれません。
この道を、進んでゆきたいと思います。
どこに、出てゆけるかな。 

acbddadacf3b21a4d7e1b42c1a2e0da0_m
 

 

↓ よろしければ、清き1票をお願いします(1日ワンクリック有効)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です